徳島県の県南より発信の      ☆れじあんじゅです。山の中の自然に囲まれた小さなハウスで,皆様のお越しを心よりお待ちしております。お気軽にお問合せくださいませ☆
by lesanges-tk
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
色々諸々
お知らせ
各種セッション
パステル(和)アート講座
カラーセラピー資格講座
数秘術(ヌメロロジー)
タロット講座
ホームページ
以前の記事
2012年 06月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
フォロー中のブログ
れじあんじゅ
お問い合わせ先

TEL:(0884)77-0019
Mail:info@lesanges.tk

詳しくはホームページをご覧ください!
HP:http://lesanges.tk

<コンサルテーション>
(各種セッション)
・オーラソーマ
・センセーションカラーセラピー
・タロットリーディング
・ヌメロロジー(数秘術)
・カウンセリングのみのセッション
・その他

<各種講座>
・カラーセラピー資格講座
・タロット教室
・パステル(和)アート講座
・パソコン講座

お気軽にご予約ください☆
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

6月の終わりに

今日で6月も終わります。
1年の半分が終わろうとしているなんて、月日の経つことの何と早いことでしょう。。。
学生の頃は、あんなにも長く感じられた1年が、どうしてこんなにも早く感じるのでしょうね。

セッションをしていると、
「私は結婚できますか?」とか、「これから先、何かいいことはあるでしょうか?」など、将来のことを聞かれることがあります。

将来は、未来です。それこそ何が起こるのかわからない、という、その「不確実」なところから、不安や混乱が生じてくるのだと思います。

また、昔は良かったとか、あの頃に戻りたいとか、まるで過去に生きているかのように、過ぎ去りし日に想いを巡らせ、「今」をどう生きていいのかと、混迷している方も少なくないように思います。

私たちは、過去に生きることも、未来に生きることもできません。
私達が生きているのは、「今」であり、「この瞬間」なんですよね。

そして、「今」の積み重ねが未来に繋がっていくのです。

ということは、未来を変えたいのなら、「今を変えることだ」とは思いませんか?

「こんな未来にしたい」「将来はこんな風でありたい」と思っている方。
是非、「今」の、その瞬間瞬間を大切にして、「今」を創造していってはいかがでしょう?

いい「種」を蒔いて、その「種」が、将来素敵な「花」を咲かせた時を、身体や、胸いっぱいにイメージを膨らませながら、ワクワクした毎日を過ごすなんて、素敵だと思いませんか?
a0110827_2352750.jpg
そのイメージが、具体的であればあるほど、その波動はますますあなたのもとに引き寄せられて、現実化へと進んでいきます。時には、奇跡的とも思えるほどの変化が起きてきたりします。

もちろん、その道のりは、決して平坦な道のりではないかもしれません。
でも、「そうなる」と確信できたとき、そこに、どんな障害や弊害が生じたとしても、それはもはや障害や弊害という感覚とは違っているでしょう。。。
もう、先が見えないという、不安定な未来ではなくなっているのですから・・・
そこには、不安や混乱はありません。

そんなことをちょっと意識しながら、これからの毎日の「今、この瞬間」を見直してみるのもいいかもしれませんね!

[PR]
by lesanges-tk | 2009-06-30 23:08 | 色々諸々

つばめ

今日は、雨が時折降る曇り空でしたね。

雨が降ると、アルファ波がたくさんでるので、何となく気持ちが穏やかになったり、落ち着いたりするんだそうですが、みなさんは、いかがでしょう?

雨降りで、お仕事が一層大変になるという方も少なくはないでしょうから、そんな気分になんてならないよ、という方も、当然いらっしゃるでしょうね。


我が家には毎年、ガレージの中や、屋根のある通路に、つばめがやってきます。
つばめが来るのは嬉しいのですが、それなりに大変でして・・・・(笑)
車や通路に置いてある物が汚れないように、あれやこれやと工夫したりしましてね。

そのつばめの「ひな」の巣立ちの準備が始まったのか?数日前から、飛んでいるつばめの数が増えたような気がします。「飛ぶ練習」が始まったのかもしれません。
親鳥らしきつばめが、巣から出て、「ピクチュル、ピクチュル」と鳴くと、ひなたちが意を決したように飛んでいく、というものなのですが、もう随分上手になっているように感じます。
(ちょっと早いような気もするので、他のつばめ達がきているのかも・・・・?)

これが、窓(2F)から見える景色なのですが、今日は時折降る雨のため、山々の稜線も雲に覆われて隠れてしまっています。
a0110827_14503010.jpg



そんな中、ふと見ると、電線に5羽も6羽もつばめがこちらをみていました・・・・(笑)
毛づくろいしたり、ただじっとこちらを見ていたりしているのですが、私はそのたびに声をかけるのです。
当然、声などは聞こえないでしょうが、それでも私はいつも話しかけるのです。
その間は、ず~っと、そこに居てくれるものですから・・・・
(見えますか?窓越しではっきりしませんが、上の電線に4羽、ブルーの線の左下に2羽いるのですが・・・笑)

a0110827_14514714.jpg


でも、毎年やってくるつばめは、親鳥がやってくるのでしょうか?
もし、そうだとするなら、子供たちはどこかでこのように、居場所を作っているのでしょうか・・・


以前、ひながまだ巣に居る頃、蛇に襲われたことがあるのです。
助かったひなを巣に戻しましたが、一度他の匂いのついたひなを、親鳥は面倒を見なくなるんです。巣の近くで見守るように見ることはしますが、決して餌を与えることはなくなってしまって・・・・
当時小学生だった息子は、どうしても面倒を見たいと言います。
まだ、毛も生えそろっていないような「ひな」をです。
そこで、私たちは、「○○○会」という所に連絡をしました。すると、
「つばめは、飼ってはいけない鳥に指定されているのですが、そこの環境は、素晴らしいと思いますので、是非、やってみてください」とのこと。
色々、助言をいただいて、つばめにいいという餌を、買ってきたり、生き餌をとってきたり、日光浴をさせたりして、それはそれは、一生懸命育てました。
そして、部屋の中を飛ぶことができるところまで、その小学生の息子は育てあげたのです。
本当に感激というか、嬉しかった~
つばめが、部屋の中を飛ぶんですよ~
もうすぐ、もうすぐだね。。。。と、私たちもワクワクしていました。

でも・・・・・
それからまもなく、何故か目が見えなくなり・・・・餌を食べなくなり・・・・とうとう自然界に返すことはできませんでした。

小学生なる息子の哀しみは、はかり知れないものがありましたが、これもまた、たくさんのいい経験をさせていただきました。


自然界って、本当に神秘ですね。
「くちばし」でしか面倒をみれないつばめですのに、毎年立派にひなたちを巣立ちさせて・・・・
本能と言ってしまえばそれまでですが、自然や宇宙の神秘の前では、私たちの力のなんと小さなことでしょう。。。

そんなことを想いだしながら、「今日もお話できて嬉しかった。ありがとう。 さ、練習、練習~」な~んて言いながら、今日も独りよがりの時間を、しばし楽みました。


a0110827_1750393.gif

ちなみに・・・・・a0110827_17483986.jpg
巣にいる時の「ひな」たちです~
[PR]
by lesanges-tk | 2009-06-29 17:50 | 色々諸々

哀しみ色を感じた日

今日も暑い一日でした。

私は朝起きたら、必ずリビングの窓ごしに見える景色を見るのですが、今日も空は青く、山もスッキリとした緑色をしていて、お天気も最高という景色が広がっていました。

そんな中、何故かふと、『哀しみ』という波動を感じました。それは、とても大きな波動で、どんどん哀しみ色が広がり、それに包まれていくような感覚でした。

今まで、こんな感覚は経験したことがないので、私がここまで感じるってことは、それこそ『世界中の人が泣いてるのかも・・・』と、思ったほどなのですが、それがどうしてなのかは、ピンときませんでした。

それは、私自身は哀しくはなかったし、「哀しみ色」ではあるけれど、決して重苦しいものでもありませんでしたので、嫌悪感もなく、とても不思議な「哀しみ」の波動だったからです。

ま、わからないことを、あれこれ追求しても、それはただの想像ですので、この感覚だけをただ感じるだけにしておこう、と済ませていました。


a0110827_21244860.jpg

その後、午後からは、タロットの講習。今回で2回目の生徒さんでした。
今日の内容も、私にとっては、もう何度となく行っている内容なのですが、何度やっても、いつも違った発見や気付きがあって、ますますタロットが好きになります。(^-^)

また、お茶の時間の生徒さんとのよもやま話や、雑談がまた楽しくてね~(笑)
休憩時間がつい、長引いてしまうことも少なくないのですが、これもまた、かけがえのないお勉強になったりしますので、この時間もとっても大事だと思っています。

そんな中、今朝の「哀しみ色」のイメージの話になりました。
世界中の人が哀しむなんて、ピンときていなかった私に、
「マイケルジャクソンさんが亡くなったからじゃないですか?昨日のブログにも書いてたじゃないですか~」と生徒さんの言。 (鋭い! ^_^;)
「ほんまやね~、そうかもしれない、それだわ~」と、またまた話が盛り上がっていきます。

(アハハ、哀しみの波動を感じることはできても、なぜ哀しんでるのかまではわからないってことですね。(^_-)  )


a0110827_21253688.jpg

そうでした。マイケルジャクソンさんの死を悼み、世界中の多くのファンの方々が泣いていたのかもしれません。重苦しいイメージがなかったのは、哀しみの中にも、感謝と心からのご冥福を祈る、愛の念が込められていたからなのでしょう。

世界規模?ともなると、私にもこんなエネルギーをキャッチできることがあるんだな~と、この感覚を大切にしていこうと感じた一日でした。チャンチャン!

[PR]
by lesanges-tk | 2009-06-27 21:28 | 色々諸々

癒されたいと感じる時・・・・

最近は、ヒーリングサロンや癒しグッズなど、『癒し』に関するものが多く、また、同時に『癒されたい』と思っている方も多いように思います。

そういう私も癒し系は大好き!
ホ~っとしたり、ほんわかしたり、す~っとしたり、思わず笑みがこぼれたり・・・・

みなさんは、いかがですか?
私と同じように、ただ、『好き』という方も少なくないでしょうが、中には、常に『癒されたい』と感じている方も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
そして、何かしらの『癒し』を求めて、あちこちに出かけたり、お友達と楽しんだり、衝動買いなどでスッキリしたつもりになったりしてるのではありませんか?(笑)

a0110827_18253666.gif

常に『癒されたい』と思っている方は、自分の中に、『癒されていない』とか『癒しが必要だ』と感じている何かが存在しているという事実に、無頓着になってはいないでしょうか。?

癒されたいからといって、やみくもに何かを求めることが、決して良くないということではありません。
一時的にでも和んだり、スッキリすることも事実ですものね。
でも、それは、あくまでも一時的なものに過ぎなかったりはしませんか?
その『楽しい時』が終われば、また癒されていない自分と向き合うことになり、いつまでたっても堂々巡りを繰り返してしまい、「癒された~い」を連発しなければならなくなってしまう、な~んて経験はございませんか?

それは、もしかしたら、『癒されていない私がいる』ということに、気が付いていない、知らない、ということ自体に問題があるのかもしれません。

ですから、『何故癒されていないと感じるのか』ということに焦点を当ててみることは、ある意味とても意味のあることですし、対処法を知るきっかけになったりします。

そして、その原因に対してどう対処していけばいいのかを見極めていったり、わからない時には、その道の方々に相談したりして、是非、『何故癒されていないのか』を知り、本当に必要なケアをしていただけたらいいな~と思います。
ハートがふっくらと膨らんで、いつもハートの中に自分のスペースを感じることができれば、きっと、今以上に生き生きと毎日を過ごすことができると思いますよ!

一時的な癒しで解消するようなものであれば、それで十分なのですが、何をやっても、結局は癒されていない私がいる、と感じる方は、もしかしたら、ハート(心)がSOSを発しているのかもしれません。
その『声』に耳を傾け、素直に向き合うことも忘れないでくださいね。


a0110827_17545129.gif
『癒しが好き』、というのと、『癒されたい』、というのとでは、実際微妙ではありますが、大きな違いがあることを、是非感じてみてください。。。。




本日、スーパースターのマイケルジャクソンさんが亡くなったとの報道に驚きました。。(ToT)
スリラーを初めてみたときの衝撃やたくさんの感動が思い出されます。
あまりにも突然のことで、思うように言葉が出てきませんが、この場をお借りしましてa0110827_18224297.gif
心より、ご冥福をお祈りいたします・・・・(合掌)
[PR]
by lesanges-tk | 2009-06-26 18:24 | 色々諸々

立山への想い・・・

今月の14日~16日にかけて、夫が黒部ダムや立山観光にいきました。
仕事の一環でしたので、私はもちろんお留守番・・・

でも、立山への想いは、昨年からず~っと続いていた私にとって、それはそれは『羨ましい』を通り過ぎ、『ねたましい~』に近い思いになるほどでして・・・アハハ

ま、冗談はともかく、その時の写真ができあがりましたので、一部ご紹介したいと思います。



a0110827_205921100.jpg
まずは白川郷の合掌造りの集落です。萱葺き屋根の形が「手を合わせた形」に似ていることから、こう呼ばれているようです。私は、飛騨高山の合掌造りは、過去に旅行したことがあるので、観たことはありますが、何といっても、この「萱葺き屋根」は、風情があって大好きです。a0110827_2059547.jpg
懐かしくって、古里が思い出されたり・・・
実際に、萱葺き屋根で生活したことはないのに、そんな郷愁を感じるから不思議です・・・




次は、立山の雲海です。
全てが「雲」なのに、そこに色んな景色が見えてきますよね。
遠くには山々があって、海が広がって・・・・a0110827_2103172.jpg
あぁ・・・・きっと、時を忘れるほどの景色だろうな~(しみじみ・・・)












そして、立山です。
6月だというのに、こんなにもたくさんの雪が残っているんですって。
もちろん、そこを歩きながら散策もできます。
不思議なのは、水に溶けかけたような水分がなく、雪がとっても柔らかくて驚いたといってました。
a0110827_211327.jpg人が通れるように、雪を両側に積み上げて道を作っている箇所もあったようですが、転んでしまい、そこに倒れた人がいたそうなのですが、何と、その雪に埋もれちゃって、驚きやら楽しいやらで、みんな子供のように楽しんだようですよ。





緑に包まれた立山も、紅葉で彩られた立山も、緑の中にある雪景色の立山も、どれもそれぞれに素敵でしょうね。
いつか、いつかきっと、私もこの地に立ちたい・・・・
そんな夢を膨らませながら、今夜はここで失礼いたします~(^O^)/

[PR]
by lesanges-tk | 2009-06-24 21:07 | 色々諸々

父の日に・・・

今日は父の日であり、1年のうちで、昼間が最も長く、夜が短いといわれている夏至の日でした。(冬至(12月22日頃?)と比べると、昼間の時間差は4時間50分もあるんですって)
暦の上では「夏」となりますが、実際には梅雨まっさかりですよね。
a0110827_759050.jpg

ところで、母の日に比べると、父の日はちょっと忘れられがちという感じがしますが、皆さんはいかがでしたか?
お父さんに、あるいはご主人に、日ごろの感謝を表すことができましたでしょうか・・・



特に定休日を設けていない私は、今日もお仕事だったのですが、それにかこつけて、これといったことはできなかった?ということで、あっさりと今日が終わってしまいました。(笑)
それでも、顔を会わせた折には、一応日ごろの感謝の意は伝えましたけどね。アハハ

子供が小さかった頃は、部屋の飾りつけをしたり、幼稚園で作った作品や、手紙を準備したり、それなりのご馳走を作ったりしながら、どんな反応がかえってくるかと、楽しみにしたものでしたが、まぁ、こんなにもあっさりしたものになるなんてね~(笑)
a0110827_7594070.jpg

でも、そんな事を思い出しながら、日常において、感謝の言葉や気持ちを、素直に表していけるようになりたいな~とつくづく感じさせてくれた『父の日』でした。

このハートは、今日パステルで描いたものなのですが、「私の気持ち~」と言って見せちゃったりしちゃったりして・・・キャハッ!(*^^)v
[PR]
by lesanges-tk | 2009-06-21 11:53 | 色々諸々

今日もありがとう

今日は阿南でパソコンの出張講習日でした。
といっても、あるお宅での個人レッスンなのですが・・・a0110827_0164245.gif

以前、れじあんじゅが阿南にあった頃に、来てくださっていた方なのですが、私のわがまま?で急遽地元に移転することになったので、移転後は、私の方が出張させていただきますという流れで、今日に至っています。

かなりご高齢の方なのですが、その年齢を少しも感じられない程、背筋もピンとしていて、姿勢も美しく、振る舞いにも品がただよう、素敵な『おじさま』というイメージの方です。

月、数回の「パソコンの日」を、それはそれは楽しみにしてくださり、いつも、あっという間に時間が過ぎてしまいます。


a0110827_0175777.gif


そんな関わりの中で、いつも感じていることを少しお話しようと思います。

現役だった頃の、この方は、大会社でバリバリ仕事ができて、その地位も高く、何事にも真摯に取り組んできた方なんだろうな~ってことが、色んな会話の中から垣間見ることができました。

今は、俳句にいそしんだり、たくさんの活動もなされ、もちろん、あちこちに旅行などもされているようで、カレンダーには予定がぎっしり!(笑)
それらを含め、休憩時間や授業後などに、色んなお話を聞かせてくださるのです。

「先生、先日○○に行ってきましてね。ちょっと、見てくださいますか?」とか、「今回はこんなことをやってみたのですが、どうですかね?」など。
その方からすると、私などは、年齢はもちろん、人生においても、まだまだ子供と言ってもいい状態ですのに、いつも生徒が先生に話をするように、楽しそうに、嬉しそうに、そして丁重にお話くださるのです。

当の私は、恐縮そのものなのですが、それでも、敬意をもって楽しくお話を伺わせていただいています。



本当に「偉い人」とか、「できた人」とか、「器の大きい人」っていうのは、このように決して偉そぶったり、「上からものを言ったり」はしないんですよね。
だからこそ、ますます私は、この方の『大きさ』や「人としての素晴らしさ」を感じますし、時折話してくださる、その方の人生を感じた時などは、私の知らない経験や時代を、イメージの中で体験させていただいてるようで、有難い気持ちと嬉しさでいっぱいになります。

a0110827_020439.gif
私は、たまたま「講師」として、そこにお邪魔していますが、「指導するもの」と「学ぶもの」の関係において、上下はないと思っています。
どちらもがきっと、「学び」を体験しているのでしょうから・・・
もちろん、そこには「謙虚さ」や「尊敬」といった、お互いを尊重する「思い(愛)」なるものもあるのでしょうね。

私も、この方のように、いくつになっても、指導する側になった時でも、学ぶ側になった時でも、「謙虚さ」や「尊敬」をもって、学ぶことを忘れずにいたいな~と思っています。

[PR]
by lesanges-tk | 2009-06-18 23:50 | 色々諸々

楽しかった~

今日は、センセーションカラーセラピーのフォローアップセミナーの日でした。a0110827_18234461.jpg

ボトルを見ながら、それぞれに奮闘中、っといった様子でしたが、練習を通して気付いていくことも、かなりあるようで、自分自身の内面にも変化がおき、成長しているような感じがする、との素晴らしい感想もいただきました。

イメージは湧いているのに、言葉にするのは、どうしてこんなに難しいんだろうと、悪戦苦闘しながらも、いつものように、笑いの耐えない楽しい時間でした。



イメージは、いつか必ず言葉になる時がやってきます。

そういう私も、かつてはそうでしたもの・・・・
感じていることを、言葉にしたり、いわゆる素直に表現したりすることは、一種の「怖れ」を感じることがあります。例えば、
  間違っていたらどうしよう。
  笑われたらどうしよう。
  うまく言えない私を、「ダメだ」と思われたらどうしよう。
などなど・・・・

でも、このような「ブロック」も、気がついたらいつの間にかなくなっていきますので、湯水のように湧いてくるそのイメージを、大事に大事に感じていってくださいね。!

あぁ~今からワクワクしちゃいます~(笑) 楽しみ~~



a0110827_182542.gif


ところで、7月初めに、今回で2度目となるイベントに参加させていただくことになりました。
また、参加させていただけるなんて、本当に嬉しいことですね!ありがとうございます。

そして、何故か今、ふと、「プラスアルファ的」なこともしたいな~と感じてしまいました。
はてさて、どうなりますことやら・・・・・(笑)

実際にできるかどうか、ということより、このように「感じる」ことや、「感覚」を、気楽にイメージすることが、たまらなく楽しくてね~a0110827_18263519.gif

これで、また数日は楽しめそうです! ルンルン♪ (笑)

[PR]
by lesanges-tk | 2009-06-17 18:46 | 色々諸々

追憶

今日は一時雨になりました。

梅雨の紫陽花の咲く頃になると、必ず想い出すことがあります。

私がまだ、学生だった頃・・・
母と買い物にでかけた日のこことです。
しとしとと降る雨の中、人通りはなく、母と二人で路地を歩いていました。

すると、あるお宅の庭に、それはそれは美しく咲いている紫陽花の花があったのです。
雨の中、誰が見ているわけでもないのに、その紫陽花は、ほんとに今が最高って感じで静かに雨に濡れながらも、咲き誇っているように見えました。

すると、母が、a0110827_2354362.gif
「昔ね・・・・お父さんが、お母さんに、『君は紫陽花の花のような人だね』と言ったことがあったのよ。でも、後で調べたら、紫陽花の花言葉は、高慢とか、移り気なんだって・・・・
お父さん、それを知ってて、そう言ったのかな・・・・」って・・・・
誰に問うでもなく、まるで独り言のように、遠い昔に思いをはせているようでもありました。

私は、『へぇ~、そんなことがあったんだ~』と思いながらも、何も言うことはできず、まるで時が止まったように感じられ、しばし二人で紫陽花の花を眺めていました。

その後、『お父さん、ほんとにそんな意味で言ったのかな~』と、ちょっぴり気になりながらも、また、歩き出しました。
二人とも無言ではありましたが、何か得も知れぬあたたかいものに包まれていたことを、今でもはっきりと想いだすことができます。


その数年後、母は他界しました。
そして、紫陽花の時期になると、いつも「あの時」の光景と母の言葉を思い出しながらも、父に真意を尋ねることはできませんでした。
それは、「花言葉」の意味だよと、言われたら、何だかショックを感じそうだったからです。(笑)

父は、文学畑の人で、昔は小説を書いたり、詩や短歌なども数多く残しているような人で、かなり女性にももてたようです。(笑)
そんな感性豊かな父でしたので、まさかそんな単純な意味で言ったとは、到底考えにくかったのですが、それでも、もしも・・・・を考えると聞けませんでした。

毎年、毎年、紫陽花の時期になると、やっぱりそのことが気になります。
そして、母が他界して7~8年も経った頃でしょうか。
思い切ってそのことを父に尋ねてみたのです。a0110827_23195964.jpg

父は言いました。
「紫陽花は梅雨の時期に咲くだろ。梅雨の時期はみんなジメジメして、早く梅雨が明けないかなって思うくらい、この雨の時期は嫌だと感じる人がたくさんいる。
でも、そんな風に、人に嫌がられる「雨」を、まるで喜んでいるかのように咲くのが紫陽花なんだ。」
「人に忌み嫌われる雨であろうと、雨を快く受け入れる花。そして、そんな雨でも、降ってくれないと美しく咲くことができない花。・・・・雨にならないと、咲けない花・・・・・・・・」

実際、父の言葉をうまく書くことができず残念ですが、そこまで聞いたところで、私は、すっごく感激しました。いえ、衝撃に近かったと思います。(笑)
そうか、そういう意味だったのか~って・・・

父は、雨の中の紫陽花を見て、そこに母という女性像を重ね、『雨になってあげたくなるような人』との思いを込めた、母への大いなる慈しみの言葉だったのでしょう。

とにかく、嬉しくて嬉しくて(私が言われたわけではないに・・笑)胸がいっぱいになりました。

何故もっと早く、せめて母が生きているときに、どうして聞かなかったのかと後悔したものです。a0110827_2364282.gif
母に、伝えてあげたかった・・・・・と。
父も最高、母も素敵!そして、娘である私は幸せ・・・・・


そんな父も2年前に他界しましたが、とにかくこの時期になると、
両親の若かりし頃や、ちょっと小粋な感じの青春時代などを、ほのぼのと想いだすのです・・・・・

[PR]
by lesanges-tk | 2009-06-14 23:12 | 色々諸々

数字の秘密第9回 「4」の資質

今日は、新しい生徒さんの、初めてのタロット講習の日でした。
この方も遠方から来てくださったのですが、とても感性豊かな方で、発想もかなりユニークで、私もいい勉強になりました。(笑)
タロットに対してのイメージや変化はあったでしょうか。
これからも、また楽しい時間になりそうです!

さて、いよいよ今回のシリーズも最終回を迎えました。
「私の数字がまだ出ない」と、待ってくださっていた方がいたことを知り、とても嬉しく、また更新する元気も沸いてきました~どうもありがとう~!

では、早速、明日の数字をみていきましょう。

明日は2009年6月14日(日)で「4」の日となります。
a0110827_19423712.gif
「4」のキーワードは「安定・現実性・プロセス」などが挙げられるでしょうか。

「4」は基礎や基盤といったものを表し、着実に物事を築き上げていく働きがあります。
また「4」は四角形や立方体を表し、物質世界そのものを象徴しているといわれています。さらに、その形からもわかるように、確固たる安定としっかりとした基盤を象徴していることも理解しやすいですね。

「4」を持つ人は、一見規律正しく、またルールを守ります。誠実で細かい気配りもできるところから、信頼や尊敬される方ともいえるでしょう。
何かを依頼したら、最後までとことんやり抜くタイプです。
反面、四角四面といった印象や、ある意味頑固さが目立つこともあるでしょう。
「安定」に固執し過ぎて、融通が利かない点もあるかもしれません。
よって、「変化すること」を受け入れることがテーマといえるでしょう。
a0110827_19505476.jpg

ということで、明日は、いろんな意味で「冒険する日」として、今までやりたくても目を背けてきたこととか、ほんのささいなことでもいいから、変化をさせることを意識してみてはどうでしょう。
古い概念にとらわれ過ぎたり、安定ばかりを意識していては、新たなエネルギーは感じられないでしょう?
そう、時には冒険もいいものですよ!


明日という日が、あなたにとって、新たなエネルギーと出会う日でありますように・・・

また、このシリーズを最後まで見てくださった方、ご意見やご感想をくださった方、本当にありがとうございました。心からお礼申し上げます~~m(__)m
[PR]
by lesanges-tk | 2009-06-13 19:43 | 色々諸々